2019-10-24

DiEGO表参道 言上真舟個展 Ambivalent Daybreak ご案内

l-1969ps-sr-h web - コピー

言上真舟個展 Ambivalent Daybreak
11月6日(水)-11月30日(土)
水/木 13:00-18:00
金/土 13:00-20:00
日/月/火 定休日
※祝日23日開廊 最終日18:00迄 
※作家在廊予定11/6,11/8.9(19時迄) 

共同企画:GalleryO2 金沢市南町5-12 4F
fb.com/galleryo2 

ガラスの欠片をひとつずつ繋ぎ留め、ガウンやハイヒールに再構築。
砕けたガラスは新しい命を吹き込まれ、作品となる。
そのガラスの世界を生み出したのはスウェーデン在住のアーティスト、言上真舟(ごんじょうまふね)。
本展は東京では初めての展覧会となります。ぜひご高覧ください。

—————————————————————————————————————————————–
薄い板ガラスの欠片を縫い合わせるように作られたガウンとランジェリー、
砕けた車の窓ガラスを丹念に繋ぎ留めて形づくられたハイヒール。
魅惑的な輝きを放ちながら、身に付ければ鋭利なガラスが皮膚を切り裂く想像をせずにはいられない。
(中略)
ここは都市に生きる女性のクローゼットだ。
華やかさと喧騒の余韻を残した極めて私的で親密な空間で彼女は本来の自分に戻る。
そして、やがて訪れる一日を思いながら、また新しい自分に生まれ変わる。

米田晴子(石川県能登島ガラス美術館学芸員)
——————————————————————————————————————————————

略歴
1984 福島県生まれ
2008 多摩美術大学美術学部工芸学科 卒業
2010 Konstfack(スウェーデン国立美術工芸学校)修士課程 修了

主な展覧会・受賞歴
2016 アーティストインレジデンス、SIM/レイキャビク、アイスランド
    ストックホルム市より文化賞工芸部門受賞
2017 個展、シャーロッテルンドギャラリー/ストックホルム
   個展、芦屋画廊/京都
   「BODY/DRESS」石川島能登島ガラス美術館/石川
   スウェーデン政府運営のアート助成委員会より一年間のアート活動に対する助成受給
2018 個展、Lightsギャラリー/愛知
    アーティストインレジデンス、フィスカルス村/フィンランド
    スウェーデンのエステルリンダ―ル財団より助成金受給
    富山ガラス大賞展2018 入選  
2019 スウェーデン政府運営のアート助成委員会よりプロジェクト助成受給
    スウェーデン国立美術館主催企画展Tankar i Glas Läckö城

パブリックコレクション
スウェーデン国立美術館、アメリカガラスミュージアム、SUWAガラスの里

https://mafunegonjo.com/

■DiEGO(ギャラリー)の所在地はこちらの地図をご覧ください。

DiEGOへのわかりやすい行き方
1、まずは表参道ヒルズを目指します。
2、表参道ヒルズ・ヒルズカードカスタマーセンター横にある北口を出ます。
3、北口を出て右に少し歩くと、左手に坂道があります。(道路に○○○があります。)
  その道を突き当りまで歩きます。(2分程度)
4、突き当りを左に曲がり、右側前方を見ていただくと黄色い3階建ての建物があります。
  そこがオリエンタル原宿です。